あるところに一神教を信じるイッシン君と、多神教を信じるターシン君がいました。ターシン君は最近イッシン君の近くに越してきたので、ターシン君に興味津々です。

イッシン君は多神教はダメだと大人達から教えられてきましたが、お互いとことん話し合えばきっとわかりあえるはず!なんなら多神教のいいところもどんどん取り入れていきたいと思っています。

ターシン君はこれまで異教徒と付き合うのは特に問題はないと思っていますが、教義についての根本的な理解は無理だと思っていましたので、とりあえず波風なくイッシン君とおつきあいしたいと思っていました。

ターシン君は一神教の神を貶める必要もありませんし、自分の教義に反しない限りはイッシン君のやりかたにつきあうのも問題ありません。

ある日、地域のみんなで使う集会場を建設することになりました。イッシン君はこのプロジェクトのリーダーに決まり、ターシン君に協力を依頼しました。ターシン君の見識も参考にすればきっとこのあたりで一番の集会場ができるはずです。

ターシン君は以前にも似たようなものを多神教を信仰する地域で作ったことがあったので快諾しました。

さて、地域が違えば少しずつ建築手法も違うものです。またこのあたりはとても信心深い人達が住んでいるので、集会場と言えばあちこちになんらかの宗教色が出るのが当たり前です。

ターシン君は自分の経験の中から「こういうところを気を付けたほうがいいよ」と伝えられる限りのことをイッシン君に伝えます。ですが、地域が違えばやり方が違うため、ちょこちょこ意見の食い違いが出ます。

ターシン君は基本的には必要なことを伝えたあとはイッシン君の言うことをたてて、「イッシン君のやりかたでいいと思うよ」と答えていました。最終的に良い集会場が出来上がるならそれ以上の異論などありませんし、イッシン君はちゃんと考えて進めているようです。

あるときターシン君が間取り図を見ていて、「ここは入りぐちの向きを変えないとそれぞれの部屋への導線が悪くなると思うよ?」と言いました。

イッシン君は「いや、ターシン君の言う方向に入口をつけると西向きになる。僕らの宗教ではできれば東向きに入口を付けるのが通例なんだ」と言いました。

「それは決まりなの?導線が悪くなると思うんだけど…」

「絶対じゃないけど… 僕は東につけたいし、僕は導線が悪くなるとは思わない」

「リーダーのイッシン君がそこまで言うならきっとそうしないといけない理由があるんだね。ここは多神教の施設じゃないし、じゃあ僕もそれでいいよ」とターシン君は答えました。

数週間後、棟上げをして確認したところ、やはり導線に無理があることがわかりました。結局ターシン君が最初に言った西向きの入口へと変更がされました。

プロジェクトは進み、内装の整備が始まりました。

集会場の大ホールはみんながあつまる大切な部屋です。ここにはみんなが喜んでくれるようなかざりをつけたいとイッシン君は思いました。

ホールの壁を指しながらイッシン君は「ねぇターシン君、ここに僕はレリーフをつけたいと思うんだけど、ターシン君にお願いしてもいいかな?」と言いました。

そういわれたターシン君は不安でした。「でも、こんな大事なところを僕が作っちゃっていいの?集会場に来た人がみんな一番に見るところだよ?イッシン君がデザインしたものを僕が形にするほうがいいと思わない?」

ターシン君がデザインから全て行えば、それは当然多神教の影響が出ます。でもイッシン君がデザインしてくれれば、イッシン君が考えたものをターシン君が一神教のレリーフとして美しく作り上げることができるでしょう。

「いや、僕は他の事で忙しいし、ここはターシン君におまかせするよ!」そう言ってターシン君は他の仕事をしに行きました。

ターシン君はそれなら僕ができる精一杯の仕事をするか、と心に思いました。

ターシン君はその後何週間も頑張って試作品を作りました。まだ粗削りなところはたくさんあるけど、これでターシン君が作ろうと思っているものの方向性はわかるはずです。

ターシン君の作ったそのレリーフには、真ん中に一神教の神様の姿を入れました。そのまわりに大小様々な人がちりばめられていました。

いろんな職業の人が集まる集会場ですから、老若男女をとりまぜ、色々な職業や立場の人の装飾をほどこしたものです。たくさんの人の顔をいれたので、小さく、数人ほど多神教の神様の顔も入れました。

縁取りにはこの地方の植物と、ターシン君の地元の植物を合わせて融和を表現したりして色々な工夫を施しました。

ターシン君はそれを見たイッシン君が反応がどんなものになるかキドキしながら、レリーフを予定の位置に取り付けました。

イッシン君はそれを見ると「ふーん… ありがとう!ちょっと僕もここに合うレリーフはどんなものか研究して、それも合わせてみて考えるね!」とこたえました。

タッシン君はイッシン君があまり喜んでくれていないように見えたので少し残念でした。でもイッシン君が研究してくるというので、その意見に合わせて直そうと思い、どんな意見を教えてくれるのかずっと待っていました。

時々イッシン君からは「こういう技法がいいと思うんだ」「光の加減もあるから全体的にこちらに向けたほうがいいと思う」というお話が来ましたが、直してください、とは言われなかったのでターシン君は待ち続けました。

数週間まったあくる日、イッシン君が戻ってきました。「ターシン君!この間のレリーフありがとうね!」

ターシン君はレリーフを早く完成させたかったので、ずっとやきもきしながら待っていました。ようやくイッシン君の意見が聞けると思って楽しみでした。

ところが、イッシン君の手にはターシン君の作ったのとは全く違うレリーフがありました。「今回はこれを使おうと思うんだ!ターシン君のレリーフもよかったけど、僕が作っちゃったほうがはやかったからさ。悪いんだけど、僕の作ったこのレリーフ、ターシン君も確認してみてくれる?」

ターシン君はびっくりしました。

ターシン君が作った様々な人達の顔は全て作り変えられて、全部一神教の天使たちになっていました。丹精込めて作ったターシン君の地元の植物たちはすべてこの地域のものに入れ替えられていました。

ターシン君が一番悲しかったのは小さく作ってった多神教の神様たちの服装はそのまま、顔だけ一神教の神様の顔に変えられていたことです。

「ここにターシン君の多神教の神様たちがいたのを気づいたんだけど、ここにはやっぱり一神教の神様じゃないとダメだと思うんだ。」

イッシン君は続けます「でもターシン君の作ってくれたレリーフのできはよかったから、その服装だけ参考にさせてもらって、顔は一神教に変えさせてもらったよ。これならほら、双方のいいとこどりだろう?」

ターシン君は混乱しました。

任せてもらった仕事なのに、これではまるでターシン君の作品ではありません。

「イッシン君… これは、僕は全然うれしくないし、これだったら僕がやらなくてもいいんじゃないかな」とターシン君は言いました。

今度はイッシン君がびっくりする番でした。ターシン君の作ってきたレリーフはよかったけど、イッシン君が思っているのとは違っていたし、細部を細かく見ていったらこの作り方ではいけないと思っていたので直す必要があったのです。

「だって、色々直す必要があったから僕がやったほうがはやいと思ったんだ。それにほら、ターシン君の神様もまだいるよ?そのままだとまずいと思ったから顔だけ変えさせてもらったんだ。」

イッシン君はターシン君の作品を少しでも受け入れて残そうと思ってやったことでした。

ターシン君は言いました「イッシン君、これはもう僕の神様たちではないよ。」

ターシン君にとっては自分が大切にしている神様の服装だけ残っていても、顔を入れ替えられるなんてとても罰当たりなことです。

ターシン君は「これだったら、最初からこの神様たちを入れてはいけない、って教えてほしかった。ううん、最初から僕に作らせないでほしかった」

「ごめんね」イッシン君は言いました。

「うん、いいよ。でも最初に言ってほしかった。」ターシン君は言いました。

「次からは気を付けるよ。… じゃあ改めてこのレリーフ、確認してもらってもいい?」イッシン君がそういうのでターシン君は、自分の作品でないなにかを手に取って見始めました。

「うん、とてもいいと思う。この右端の鳥の形が気になるかな」

「わかった、なおすよ!」イッシン君が答えます。それから何個か少しバランスがおかしい人や植物の形を指摘しました。イッシン君は一生懸命聞いて直してくれると言います。

ですが、ターシン君はやっぱりひとつだけどうしても気になるところがあったのでイッシン君に切り出しました。

「ねぇ、イッシン君。このもともと僕の神様だったもの達だけど… ここ、やっぱりもとの僕の神様たちの顔に戻してくれるかな。もしそれがダメなら、一神教の神様の顔じゃないものにするか、ここの人をなかったことにしてくれないかな。ここだけはどうしても気になるんだ」

ターシン君は、やはりどうしても自分の神様を変えられるのは許せませんでした。多神教の神様たちがこのレリーフに入ってはいけない、と言われてもよかったのですが、変な形に変えられるのはいやだったのです。

「どうしてだい?ここの位置に神様がいるのは一神教では意味があることなんだ。きっと会場に来た人たちも喜んでくれる。それにターシン君が作ってくれた人物たちはとてもいい服装じゃないか。ターシン君の作品を参考にした部分をぜひ残したいんだよ」イッシン君はいいます。

イッシン君は多神教の事はわかりませんが、ターシン君が気にしていることならなるたけ取り入れてあげたかったのです。でもそれには自分がまず納得しないといけません。そのあとも何回も質問してなんで?どうして?と続けました。

どうしてだいと言われてターシン君は困ってしまいました。これを他の多神教の人が見たらきっと嫌な気持ちになるのはターシン君にはわかっています。

イッシン君は多神教のいいところも取り入れたい、という気持ちだけで質問していたのですが、ターシン君はイッシン君が自分で多神教の神様を入れるのはダメとは言わず、ターシン君自身に「わかった、君の言う通りでいい」と言わせたいのだと思いました。

ターシン君はあらためて「ごめん、もうこの集会場の建設は手伝えないや」と伝えました。

「え?!なんでだい。」イッシン君も傷ついていました。そしてこう続けました「ここにいれる顔なんて僕には本当はどうでもいいことなんだよ。話し合えば解決方法を見いだせるんじゃないかな?」

「そうだね、本当に『どうでもいいこと』だね」と言いたいのをぐっとこらえてターシン君はそのままその場所から去りました。

--

--

パンを作るだけならレシピの通り作業すればいいのですが、私のように大枠だけでも理屈がわからないとなんだか手を動かせない、そんな自分のための読んだ・見た・やってみて理解した内容を、私の理解している範囲内で以下に解説を書きました。

私はあくまでただのプログラマーなので、内容が怪しいところもあるかもしれませんが、そのような場合は是非みなさまでネットや手元の文献を参考に正誤を確認してみてください。

ここではいわゆるイーストを使った基本的な欧米風のパンを作ることをイメージしています。フラットブレッドに類するものやイーストを使っていてもラミネーションが必要なクロワッサンの類は考慮していませんのでご了承ください。

パン作りの4工程

パンを作る工程はおおよそ以下の4つの工程に分けることができます。そしてどのパンも基本的にこの同じ工程を経て作ることが可能です。

パン作りの工程

グルテンの生成

パンづくりの工程ではまずグルテンを生成します。グルテンは小麦粉と水を合わせることにより、小麦粉内のたんぱく質が結合した結果です。

グルテンはガムのような弾力性のあるたんぱく質で、これがパンの形を作る骨格および、後述の二酸化炭素ガスを溜めるための膜となります。

このグルテンを充分生成することができたら次は発酵の段階となります。

発酵による二酸化炭素の生成

発酵とは微生物の力を借り、微生物の代謝から得られる成果を利用する工程です。パンづくりにおいてはイーストを使い、二酸化炭素を発生させることで生地に独特のフワフワ感を生み出す工程を差します。

パンの発酵には一般的に「イーストを使う」と言いますが、イーストはある種の真菌類の総称です。イーストと呼ばれる菌類には病気の元になるものもありますが、パンや味噌を作るのにつかわれる人類にとって有用なものも含まれます。

--

--

自分は英語・日本語ネイティブ話者であり、英語に関しては高等教育中に少なくとも基本的な文章の書き方・プレゼンテーションの仕方は体形的に学んでいます。大学では技術方面の専攻だったせいでいわゆるテクニカルライティング的な授業も基本的なところから学んでいます。

そういう背景もあるため、仕事で英語のドキュメントを添削する機会がこれまでたくさんありました。

この記事ではこれまで色々見てきたドキュメントの中で「これだけ気を付ければ英文を書くのが得意じゃなくてもぐっとよくなるのに…」という点を書き出してみました。

期待している読者層としてはこれから英語を習うというレベルではなく、すでになんらかの形で仕事向けの報告書、プレゼンテーション、公開記事等でまとまった英語を書く必要があって、翻訳サービスや辞書を使いながらある一定レベルで一応英語書けるつもりの人です。

英作文をしてみたものの、「なんか書くときに迷う…」「できあがった文章に納得いかないんだよなぁ…」みたいな人がより簡単に、よりわかりやすい文章を書けるようになる手助けになればうれしいです。

以下を読む前に:それぞれの見出しについて「(できれば)」が付くと思って読んでください。なぜならそれぞれ使ってもいい場合もあり、さらに言えばその書き方が必要な場合もあるからです。これらは絶対的なルールではなく、一般的にこのほうがやりやすいので意識するといいよ、というレベルのものです。

また今回紹介しているtipsはあくまで英作文がそれほど得意ではない人に向けて、より悩まずに英文を書くためのものなので、ちゃんとした使い方を知っている人は当然これらのルールに縛られる必要はないと思います!

tl;dr:

  • 話者を統一しよう
  • 時制を統一しよう
  • 能動態を使おう
  • ひとつのセンテンスにはひとつの事柄を書こう
  • シンプルな文章を書こう

話者を統一しよう

日本語の文章を書く際にはかなりの割合で「私は~」や「我々が~」等のSVOのSにあたる代名詞を省略しても問題ないことがあります。これをベースに英語にすると、日本語的にはこの代名詞を”I”にしても”We”にしても特に違和感がないことが多いのですが、英文を書く際は文書中の話者は統一しましょう。

つまり、”I’m writing this to explain 〇〇〇”と始めたなら、その後の話者は全て”I”で統一しましょう。途中で”We”になったり”I”になったりいったりきたりするのはNGです。

なお、”I”と”We”のどちらを使えばいいかわからない場合は基本”We”で統一で問題ないでしょう。そのほうが様々な立場を表現できることが多いからです。私は基本的には”I”は本当に私のお気持ち表明、みたいな時以外は使わないようにしています。

話者を統一することによって、動詞の活用の差を意識する必要が減るほか、単純に話者が混在することによって文章が難解になるのを防げます。

時制を統一しよう

これは海外の学校ででessayを書かされたことのある人ならみんな経験があると思うのですが、ひとつのセンテンス・段落の中では原則同じ時制を使い続けましょう。

例えば、ある段落を”We are working on….”で始めたら、その後も基本的には話者もそれ以外のことも原則現在形で進めましょう。

もちろん、過去の話をするところは過去形でいいのですが、過去の話をした段落の中でいきなり現在形に戻るとかはなるたけやめましょう。

これにはスタイル以外の効果があります:単純に時制が混ざる文章は読みにくいし書きにくいのです。なので、文章を書く際には「これはいつの話なんだ」をまず意識して、その時制の中での出来事に統一しましょう。別の時制の話は別のセンテンスにします。

こうすることによって現在の事柄と過去の事柄は違うセンテンスに分離可能となり、難解な文章を構築する必要がなくなります。

能動態を使おう

能動態ではなく受動態を使ってしまうことが多いのは日本語話者に限らないことですが、なぜか日本語話者が英語を書くと受動態の文章が多く見受けられる、というのが私の経験上の意見です。

受動態はいわゆる通常SVOという構文になるべきところを OVSに入れ替えている状態と私は認識しています。

本来であれば”I ate the pizza”となって行動を起こしている「私」が「食べる」という行為を「ピザ」に対して行っているように記述するのに対して、”The pizza was eaten by me”と、「ピザ」が「食べられた」、誰に→「私に」という順番に変わるのが受動態です。

特にエビデンスはないのですが、個人的な心証では日本語はこの受動態が比較的問題なく受け入れられる、そのせいかそれをそのまま英語に使っていることが多いのではないかなと考えています。

受動態を使うことが常に問題となるわけではありません。ただし一般的に言って受動態のほうが構文が難しいためもともと英語が得意でない方は避けたほうがよいでしょう。下手な書き方をすると倒置法も混ざっていわゆるYoda-speak(スターウォーズのヨーダ語)になってしまいとても滑稽な文章ができあがってしまうことが多々あります。

解決方法としては受動態を見つけたら、まず誰が主体の文章なのかを考えて、可能ならシンプルな能動態の文章で言い換えられないか考えてみるとよいでしょう。

ひとつのセンテンスにはひとつの事柄を書こう

英語にはrun-on sentenceという概念があります。run-on sentenceにはいくつかの解釈がありますが、基本的に1文の中に複数の事柄が混ざってしまっている状態を指します。

例えば「私は今日忙しい」は”I’m busy today”となりますが、「私は今日忙しい、それでも同僚は全員パーティーしているのは、私だけ昨日の仕事が終わらなかったからだ」をそのまま英語にしようとすると”I’m busy today, but my colleagues are all partying, because I was the only one who did not finish the work from yesterday”となるかもしれません。

この二つ目の文章が間違っているかというと、口語なら問題がない程度には間違っていません。しかしそれぞれの話題は関連性はあるものの、三つの個別の事柄がひとつの文章に入っているのが問題です。

原則として一つの文章には一つの話題のみ入れるようにしてください

前述の複雑な文章のようにいくつかの独立した話題がひとつの文章にまとめられてしまうと、それぞれの文章の関係性や、意味合いの調整のためにより小難しい言い回しをしたり、正しい接続詞の使い方を考えないといけなくなります。

このような調整は不可能ではありませんが、英語がそれほど得意でないならなおさら頑張るところではないでしょう。前述の場合、素直に三つの文章で独立させるのが吉です。例の文章は”,”を”.”に置き換えるだけでほぼ完了ですが、もう少し調整が必要な場合、文章が分かれているほうが明らかに文章を調整しやすいとそのうち気づくと思います。

また、添削や読み直しを行う場合には、ざっくりルールとして

  • ひとつのセンテンス中にカンマや広義の接続詞(and, but, because, that, therefore…)が二つ以上出てきたら黄色信号
  • 特にひとつのセンテンスの中にカンマが二つ以上出てきたら限りなく赤信号に近い黄色信号

これらの現象が文章内に存在する場合は、文章を構成しなおしたほうが良いでしょう。ピリオドで文章を区切り、センテンスを分けて構築しなおすことでわかりやすい文章になるはずです。

シンプルな文章を書こう

ここまでのトピックをまとめると、すべて「シンプルな文章を書く事を心がけよう」というところに帰結します。

話者を混ぜないのは文章をシンプルにするため。時制を混ぜないのも文章をシンプルにするため。受動態を避けるのも文章をシンプルにするため。ひとつのセンテンスの内容を限定するのも文章をシンプルにするためです。

シンプルな文章を書けば間違いは少なくなり、より基本的な構文のみで複雑な事柄を表現できるようになります。英作文が得意でない人は、シンプルな英文を構築することにより、英語そのものよりそれを使って何を表現したいのかにより集中できるようになります。

もっとエレガントな文章を書きたい!という欲求もあるかもしれませんが、それさえもまずわかりやすい文章を量産できるようになってから覚えればいいことです。まずはとにかく書きやすい文章をすらすら書けるように努力してみるとよいかと思います!

--

--

Daisuke Maki

Go/perl hacker; author of peco; works @ Mercari; ex-mastermind of builderscon; Proud father of three boys;